点検

日常点検

お車の性能を発揮する為には、日常の安全点検と整備は欠かせません。
出発時の始業点検などお忘れの場合や、気になる場所・症状がある場合は、お気軽にENEOS白石サービスステーションへお立ち寄り下さい。
=安全走行・快適ドライブのお手伝いをさせて頂きます=

日常点検箇所一覧

日常点検箇所一覧

エンジンオイル

エンジンオイル交換の目安

オイル交換の目安は、3ヶ月3,000km又は最長6ヶ月6,000kmでの交換をお勧めします。定期的なオイル交換でエンジンの性能をフルに発揮することが出来ます。又、故障防止の第一歩です。

オイルの選び方

お車の特性に合わせたオイル選びが、エンジン性能をフルに発揮します。

ENEOS SUSTINA

バッテリー

JAFのロードサービス救援依頼のトップはバッテリートラブルです。暑い沖縄ではエアコンの稼働時期が長く、バッテリーを酷使しています。バッテリートラブル回避のコツは、常に点検を実施することが突然のバッテリートラブルを防ぐ唯一の手段です。ENEOS白石サービスステーションでは、最新のバッテリー診断機で無料点検を実施しています。お気軽にお立ち寄り下さい。

バッテリー交換のコツ
バッテリーの寿命は、2年~3年が目安です。
最近のエコ車輛は、ほとんど充電制御付きバッテリーが搭載されています。充電制御車に安価な制御なしバッテリーを装着するとお車のエコ性能(燃費など)が発揮されず、結局コストアップになる場合があります。

ENEOSのバッテリーは国内NO1の高性能

ENEOS バッテリー

充電制御車にはV-FORCEがおすすめ!

充電制御車とは?

バッテリーの充電状態をコンピューターで制御して、必要な時だけ充電するシステムです。
エンジンにかかる負担を軽減し、省燃費を実現することができます。

充電制御車とは?

タイヤ

タイヤの安全点検は、人の命に直結する大事な点検パーツです。タイヤの状態によっては、止まる・曲がる・燃費の性能に大きな差が出ます。

白石サービスステーションでは、タイヤの空気圧チェック・点検を積極的にお勧めしています。
お気軽にスタッフに声をかけて下さい。

タイヤの空気圧定期的チェック

タイヤの空気圧チェックは、安全走行の基本です。タイヤは適正な空気圧で性能を発揮します。

タイヤの残溝に気を付けて

タイヤの残溝で、曲がる・止まる・雨の日走行の安全性に差が出ます。
残溝が1.6ミリ以下になるとかなり危険です。(道路運送車両法でも規定されています。)

タイヤにひび割れチェック

タイヤの溝は残っていてもひび割れがあると、曲がる・止まる・雨の日走行の安全性に差が出ます。
ひび割れは、ゴムが硬化劣化している証拠で、タイヤ交換のお知らせです。バーストの原因にもなります。

詳しくは下記の国内メーカーへHPへ進んで下さい。